書き順
なりたち
 形声 音符は敝(へい)。敝は、㡀(へい・儀礼のときにつける前掛けの形)と攴(ぼく・うつの意味)とを組み合わせた形で、前かけが破れるの意味となる。「説文」に「帛(きぬ)なり」とあり、神を祭るときに神に捧げる幣帛(へいはく・ぬさ)をいう。ぬさ(神に祈るときの供え物)として、中国では絹・玉(ぎょく)・馬・皮革などを供えた。のち「貨幣(かね、ぜに)」の意味に用いる。
そのほか
画 数 15画
部 首 はばへん、きんべん
音読み べい(外)・呉音
へい・漢音
訓読み ぬさ(外)
かね(外)
用例 金幣(きんぺい)
幣殿(へいでん)
幣紙(へいし)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
おかね。ぜに 貨幣・造幣・幣制・紙幣
ごへい 幣束
神にささげる絹 官幣・御幣・奉幣・幣帛
みつぎもの 幣物
なかまのかんじ

小のある漢字
冂のある漢字
攵のある漢字
敝のある漢字 
巾のある漢字