書き順
なりたち
 形声 音符は圣(かい)。圣は土(土主で、土地の神)の上に又(ゆう・手の形)を加えている形。圣には古くはコツという音があり、田畑の開墾という字であるが、それとは異なって、土主を祀(まつ)る儀式をいう字であろう。土主はその地域の守護神としてはたらくものであるが、その土主に何らかの変わった出来事が起こったのであろう。それで怪には、「あやしい・あやしむ・あやしいもの」という意味がある。
そのほか
画 数 8画
部 首 りっしんべん
音読み け(外)・呉音
かい・漢音
訓読み あや-しい
あや-しむ
用例 怪異(かいい)
怪物(かいぶつ)
奇怪(きかい)


なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
忄のある漢字
又のある漢字
土のある漢字
圣のある漢字 軽3 径4 経5