書き順
なりたち
 形声 音符は弗(ふつ)。弗は数本の縦の木に縄を巻き付ける形で、曲がりくねった木を束(たば)ねることができずにばらばらになる、もとるの意味がある。水など液体が熱せられてわきあがること、煮えたつことを沸騰という。液体に限らず、すべて、「わく・わきたつ」の意味に用いる。
そのほか
画 数 8画
部 首 さんずい
音読み ひ(外)・呉音
ひ(外)・漢音
ふつ・慣用音
訓読み わ-く
わ-かす
わ-きたつ(外)
用例 沸点(ふってん)
沸沸(ふつふつ)
煮沸(しゃふつ)

なかまのかんじ

さんずいのある漢字
弓のある漢字
弗のある漢字  費4