書き順
なりたち
 象形 尾をまっすぐ伸ばしている獣の形。「説文」に西南夷(せいなんい)には人の後ろに糸飾りをつける風俗があるとしているが、人ではなく獣の尾である。尾を曲げて、かがむような姿勢をしている獣の形は屈である。尾(尾をまっすぐ伸ばしている牝(めす)の獣)と蜀(牡(おす)の獣)とを組み合わせて、獣が交尾する(つるむ)ことを屬(属)ということからも、尾は獣の、「お・しっぽ」であることが知られる。尾であるから、「すそ・うしろ・おわり」などの意味にも用いる。
そのほか
画 数 7画
部 首 しかばね
音読み み(外)・呉音
び・漢音
訓読み
うしろ(外)
用例 尾行(びこう)
後尾(こうび)
末尾(まつび)

なかまのかんじ

尸のある漢字
毛のある漢字  毛2