書き順
なりたち
 形声 音符は皮(ひ)。「説文」に、「勞(つか)るるなり」とあり、「つかれる・ものうい」の意味に用いる。疲れるの意味の字には病(へい)・罷(はい)・憊(はい・つかれる)など、同じ系統の音を用いているのは、荒い呼吸をすることと関係があろう。
そのほか
画 数 10画
部 首 やまいだれ
音読み び(外)・呉音
ひ・漢音
訓読み つか-れる
つか-らす(外)
用例 疲弊(ひへい)
疲労(ひろう)
疲倦(ひけん)

なかまのかんじ

疒のある漢字
又のある漢字
皮のある漢字  波3 皮3 破5