書き順
なりたち
 会意 もとの字はひ(下図)に作り、女と巳(し)とを組み合わせた形。巳は蛇の形。このような自然神を祭ることを祀(し・まつる、まつり)という。甲骨文に「霊妃(れいひ)に御(まつ、禦)らんか」と占っており、神として祀(まつ)られているものである。金文では皇妣孝大妃(こうひこうたいひ)のように妣(ひ・なき母)の尊号として使われている。のち、天子の妻、きさきの意味に用い王妃(国王の妻)のようにいう。
もとの字のひ
そのほか
画 数 6画
部 首 おんなへん
音読み ひ、へ(外)・呉音
は(外)、ひ・漢音
訓読み きさき(外)
用例 妃殿下(ひでんか)
公妃(こうひ)
元妃(げんぴ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
天子や皇太子の妻 王妃・后妃・皇妃・正妃
なかまのかんじ

女のある漢字
己のある漢字