書き順
なりたち
 形声 音符は潘(はん)。潘(しろみず)は米のとぎ汁。「説文」に屏(へい)なりとあり、「かき・かきね・まがき・さかい」の意味に用いる。藩垣(はんえん・かき)・藩屏(はんぺい・まがき。また、まもり)・藩籬(はんり・垣根。まかき)のように使う。垣根によってその中を守ることから、支配する領地・属領を藩といい、藩士(藩に属する武士)・藩主(藩の領主。大名)のように用いる。蕃(はん・しげる)・樊(はん・まがき)と通用する。
そのほか
画 数 18画
部 首 くさかんむり
音読み ほん(外)・呉音
はん・漢音
訓読み まがき(外)
かき(外)
用例 親藩(しんぱん)
列藩(れっぱん)
廃藩(はいはん)

なかまのかんじ

艹のある漢字
氵のある漢字
米のある漢字
田のある漢字
釆のある漢字  番2