書き順
なりたち
 会意 敏と糸とを組み合わせた形。敏は髪飾りを手にそえている盛装した婦人の姿で、髪飾りを整えて祭事に敏(いそし)むことをいう。その婦人の髪飾りにさらに糸飾りをつけた姿が繁で、髪飾りの多いことをいい、「しげし・おおい・さかん・しげる」の意味となり、多いことから、「わずらわしい・いそがしい」の意味となる。
そのほか
画 数 16画
部 首 いと
音読み ぼん(外)、ばん(外)・呉音
はん・漢音
訓読み しげ-し(外)
おお-い(外)
用例 繁栄(はんえい)
繁盛(はんじょう)
繁文(はんぶん)

なかまのかんじ

毋、母のある漢字
毎のある漢字  海2 毎2 梅4
攵のある漢字
小のある漢字
糸のある漢字