書き順
なりたち
 形声 音符は反(はん)。「説文」に、「賤(やす)きに買ひて、貴(たか)きに賣(う)る者なり」とあり、安い品物を買って高く売る「商売・あきない」の意味とする。また、利益を目的として、「ひさぐ・うる」の意味に用いる。 「周礼」に「朝市(ちょうし)は朝時にして市(あきな)う。~夕市(せきし)は夕時にして市(あきな)う。販夫・販婦を主と為(な)す」とあり、朝市(あさいち)で仕入れた商品を夕市(ゆういち)に売るとしている。
そのほか
画 数 11画
部 首 かいへん
音読み ほん(外)・呉音
はん・漢音
訓読み ひさ-ぐ(外)
う-る(外)
用例 販売(はんばい)
販路(はんろ)
市販(しはん)

なかまのかんじ

目のある漢字
八のある漢字
貝のある漢字
厂のある漢字
又のある漢字
反のある漢字 
坂3 反3 板3 返3 飯4 仮5 版5