書き順
なりたち
 会意 詈(り)と刀(刂・りっとう)とを組み合わせた形。詈(ののしる)は网(もう)と言とを組み合わせた形で、神に誓いをたてることばである言に網(网)を被(かぶ)せてその誓いを無効にすることを意味する。さらに刀を加えて破棄することを示す。神への誓いを破棄し、無効にすることを罰といい、神にうそを言うことに対する、「とがめ・こらしめ」の意味となる。「書経」に「天の罰を致(くだ)す」とあり、罰は、もとは天罰(天の下す罰)をいう。のち刑罰(犯罪者にあえる刑罰)の意味となる。
そのほか
画 数 14画
部 首 にんべん
音読み ぼち(外)・呉音
はつ(外)・漢音
ばつ、ばち・慣用音
訓読み とがめ(外)
用例 罰金(ばっきん)
罰則(ばっそく)
処罰(しょばつ)

なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
武器に由来する漢字
罒のある漢字
口のある漢字
言のある漢字
刂のある漢字