書き順
なりたち
 形声 音符は者(しゃ)。者に楮(ちょ・こうぞ)・禇(ちょ・わたいれ)の音がある。「説文」に、「飯の攲(はし)なり」とあり、食物をはさみ取るのに使う「はし」の意味とする。字はまた筯(ちょ)に作る。火を挟む火ばしを火箸(かちょ)・火筯のようにいう。著(あらわす)に通じて用いることがある。
そのほか
画 数 15画
部 首 たけかんむり
音読み じゃく(外)、ちょ(外)・呉音
ちゃく(外)、ちょ(外)・漢音
訓読み はし
用例 箸籠(ちょろう)
匕箸(ひちょ)
火箸(かちょ)

なかまのかんじ

竹のある漢字
土のある漢字
耂のある漢字
日のある漢字
厂のある漢字
者のある漢字
者3 暑3 都3 署6 諸6 著6