書き順
なりたち
 形声 音符は咅(はい)。咅は草木の実が熟して、剖(わ)れようとしている形。剖(わ)れて数多くなることを倍といい、ますの意味となる。草木に根元に土をますこと、土を加えることを培といい、「つちかう(草木を育てること、また養い育てること)」の意味となる。
そのほか
画 数 11画
部 首 つちへん
音読み ばい、ぶ(外)、べ(外)・呉音
はい(外)、ほう(外)・漢音
訓読み つちか-う
用例 培植(ばいしょく)
肥培(ひばい)
栽培(さいばい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
つちかう 培養・培地・水耕栽培
なかまのかんじ

土のある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
口のある漢字