書き順
なりたち
 形声 音符は非(ひ)。非に俳(はい・たわむれる)・排(はい・おす)の音がある。非はすき櫛(ぐし)の形で、細かい歯が左右に並んでいる櫛である。「説文」に、「軍の車を發(はっ)するときの若(ごと)し、百両を輩と為(な)す」とあり、「六韜」に「百車に一将」とあるから、兵車百両を一輩として、一戦闘集団とした。その軍に属するものを同輩(仲間)という。輩は同じ集団・組織に属する者、「ともがな(仲間)・なかま・やから(同族)」の意味に用いる。
そのほか
画 数 15画
部 首 くるま
音読み へ(外)・呉音
はい・漢音<
訓読み ともがら(外)
なかま(外)
やから(外)
用例 輩出(はいしゅつ)
年輩(ねんぱい)
後輩(こうはい)

なかまのかんじ

道具に由来する漢字
非のある漢字  悲3 罪5 非5 俳6
車のある漢字