書き順
なりたち
 形声 音符は農(のう)。農ははまぐりなどの貝殻(辰)で作った農具の蜃器(しんき)で耕すことをいう。農作業には非常に多くの労力が必要であるので、農には「あつい、てあつい、こまやか」の意味がある。濃は「説文」に、「露多きなり」とある。物の「こい・こまやか(多い、深い、強い、あつい、密である)」の意味であるが、その意味を人の感情の上にも及ぼして用いる。
そのほか
画 数 16画
部 首 さんずい
音読み にゅう(外)・呉音
じゅう(外)・漢音
のう・慣用音
訓読み こ-い
こま-やか(外)
用例 濃厚(のうこう)
濃淡(のうたん)
濃密(のうみつ)

なかまのかんじ

程度の漢字
道具に由来する漢字
氵のある漢字
曲のある漢字 
曲3 農3 典4 豊5
厂のある漢字
辰のある漢字 
農3
農のある漢字  農3