書き順
なりたち
 形声 音符は固(こ)。箇は「説文」に「竹の枚なり」とあり、もとは竹べらのようなものの名であるが、それを並べて数を数えたので、その数を示す単位となり一箇(いっこ・物一つ)・二箇のようにいう。字はまた略して个(か)・介(かい)などを使う。介は、「一介(人ひとり)」のように人を数えるときだけに使い、個はにんべんの字であるが、物を数えるときにしか使わない。
そのほか
 
画 数 14画
部 首 たけかんむり
音読みか・呉音
か・漢音
こ(外)・唐音
訓読み -
用例 箇所(かしょ)
箇条(かじょう)
箇人(こじん)


なかまのかんじ

竹のある漢字
囗のある漢字
十のある漢字
口のある漢字
古のある漢字
固のある漢字  固4 個5