書き順
なりたち
形声 音符は咼(か)。咼は、冎(人の上半身の残骨)に祝詞(のりと)を入れる器の形のさいをそえて、禍(わざわい)を祓(はら)うことを祈るの意味となる。上半身の骨はまるくくぼんだ形でありまる底の金属製の「なべ」を鍋という。古くは、車の油差しなどの意味に用い、なべの意味に用いるのは宋(そう)代(十世紀~十三世紀)のころからである。
そのほか
画 数 17画
部 首 かねへん
音読み か(外)・呉音
か(外)・漢音
訓読み なべ
用例 鍋戸(かこ)
鍋竈(かそう)
鍋帳(かちょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
加熱調理をする器 圧力鍋・片手鍋・土鍋
鍋料理のこと 肉鍋・牛鍋・桜鍋・肉鍋
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
𠆢のある漢字
金のある漢字
冂のある漢字
口のある漢字
咼のある漢字  過5