書き順
なりたち
 形声 音符は屯(とん)。屯は織物の縁(へり)の糸を結び留めた房飾りの形で、まるく固めたものである。それで刀剣の刃がまるくなり、切れ味の悪い物を鈍という。刃の切れ味の、「にぶい」の意味を人の上に移して、「頭がにぶい・おろか」の意味に用いる。
そのほか
画 数 12画
部 首 かねへん
音読み どん・呉音
とん(外)・漢音
訓読み にぶ-い
にぶ-る
おろ-か(外)
用例 鈍感(どんかん)
鈍器(どんき)
愚鈍(ぐどん)

なかまのかんじ

色の漢字
𠆢のある漢字
金のある漢字
凵のある漢字
屮のある漢字  逆5 純6
屯のある漢字  純6