書き順
なりたち
 形声 音符は屯(とん)。織物の縁(へり)の糸を結び留めた房飾りの形で、そこで屯(とど)まる、行きどまりの意味がある。頁(けつ)は儀式用の帽子を被って礼拝している人を横から見た形。それで深く身をかがめてお辞儀することを頓首という。頓挫(とんざ・ものごとが行きづまって進まぬこと)・頓伏(とんぷく・たおれて伏すこと)のようにいい、「つまずく、たおれる」の意味に用いる。また、頓死(にわかにしぬこと。急死)・頓知(即座に出る知恵)・整頓(きちんとかたづけること)のようにも用いる。
そのほか
画 数 13画
部 首 おおがい
音読み とん・呉音
とん・漢音
とつ(外)・漢音
訓読み つまず-く(外)
たお-れる(外)
くる-しむ(外)
用例 頓首(とんしゅ)
整頓(せいとん)
頓服(とんぷく)

なかまのかんじ

凵のある漢字
屮のある漢字  逆5 純6
屯のある漢字  純6
目のある漢字
八のある漢字
頁のある漢字