書き順
なりたち
 形声 音符は咼(か)。咼は、冎(か・人の上半身の残骨)にさい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)をそえて、禍(わざわい)を祓(はら)うことを祈るの意味となる。禍は残骨の呪霊(じゅれい)によってもたらされたと考えられたのである。示は祭卓の形であるから、わざわいを祓う儀式を禍といい、「わざわい」の意味に用いる。
そのほか
画 数 13画
部 首 しめすへん
音読み が(外)・呉音
か・漢音
訓読み わざわい(外)
用例 禍福(かふく)
禍根(かこん)
奇禍(きか)


なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
示のある漢字
冂のある漢字
口のある漢字
咼のある漢字  過5