書き順
なりたち
 国字(日本で作った漢字)。「とち、とちのき」をいう。落葉高木の名で、山地の沢沿いに生える。種子から澱粉(でんぷん)をとり、栃餅(とちもち)などを作る。字はまた国字の杤(とち)に作る。杤は、木に万(十千(とち)で、千の十倍)をそえた字であるという説がある。とちの中国名は橡(しょう)である。
そのほか
学 年 4年
画 数 9画
部 首 きへん
音読み -
訓読み とち
用例 栃餅(とちもち)
栃麺(とちめん)

漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
とち。落葉高木 栃粥・栃木・栃麺・栃餅
なかまのかんじ

都道府県の漢字
植物の漢字
国字の漢字  畑3 働4
厂のある漢字
木のある漢字
万のある漢字  方2 万2 別4