書き順
なりたち
 国字 山道の上りつめたところで、また下りになる分岐のところを、「とうげ」という。そこは神の居る所として道祖神(どうそじん・外来の疫病や悪霊を防ぐ神、また、旅行の安全を守る神)を祀(まつ)り、そこに手向け(たむけ・供え物)をした。とうげは手向けの音の変化した語である。勢いの最も盛んな時期を過ぎ衰え始めることを峠を越すという。峠と同じような作り方の国字として裃(かみしも・江戸時代の武士の式服で、肩衣(かたぎぬ)と袴(はかま)が同じ色・同じ文様のもの)がある。
そのほか
画 数 9画
部 首 やまへん
音読み -
訓読み とうげ
用例 峠柴(とうげしば)

なかまのかんじ

国字の漢字  畑3 働4
自然の漢字
山のある漢字
上のある漢字
下のある漢字  下1