書き順
なりたち
 形声 音符は朕(よう)。朕に滕(とう・わく)・縢(とう・しばる)の音がある。「説文」に「傅(でん)なり」とあって、駅伝(宿場の馬を乗り継ぐこと)の意味とする。「詩経」に、「百川沸騰す(すべての川はふきあれる)」とあり、大地震のために川の水がわき上がることをいう。騰は馬が跳びはねる、「おどりあがる」のことをいう字であるが、今は物価の騰貴(はね上がること)・暴騰(大幅に上がること)のように、「あがる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 20画
部 首 うま
音読み どう(外)・呉音
とう・漢音
訓読み あ-がる(外)
用例 騰貴(とうき)
騰落(とうらく)
騰勢(とうせい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
わき上がる 沸騰・奔騰・飛騰・噴騰
物価が高くなる 急騰・高騰・反騰・暴騰
なかまのかんじ

月のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
夫のある漢字
れんがのある漢字
馬のある漢字