書き順
なりたち
 形声 音符は朕(よう)。朕に滕(とう・しばる)・騰(とう・あがる)の音がある。朕(月はもと舟の形で、盤をいう)は盤に入れた物を両手で捧(ささ)げておくることをいい、品物や貨幣をおくることを賸(よう)という。謄は、「説文」に「移(う)つし書くなり」とあり、「うつすしとる、うつす」の意味とする。書き写すこと、写し取ることを謄写といい、原本の内容をそのまま謄写した書類を謄本という。戸籍謄本・登記簿謄本のように使う。
そのほか
画 数 17画
部 首 ごんべん
音読み どう(外)・呉音
とう・漢音
訓読み うつ-す(外)
用例 謄録(とうろく)
謄正(とうせい)
手謄(しゅとう)

なかまのかんじ

月のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
夫のある漢字
口のある漢字
言のある漢字