書き順
なりたち
 形声 音符は匋(とう)。匋は窯(かま)で、土器(缶(ふ)、ほとぎ)を焼く形。𨸏(ふ・阝)もとの形は で、神が天に陟(のぼ)り降りするときに使う神の梯(はしご)の形。陶は神聖な場所である神の梯の前で土器を焼く形で、神への供え物を入れるための「やきもの(すえ。すえもの)」の意味となる。のちすべて「やきもの」の意味に用い、陶育(養い育てること)・陶冶(とうや・育て上げること)のように「やしなう」の意味に用い。陶酔(うっとりすること)・鬱陶(うっとう・心がふさがること。うれえること)のようにも使う。
そのほか
画 数 11画
部 首 こざとへん
音読み どう(外)・呉音
とう・漢音
訓読み やきもの(外)
やしな-う(外)
用例 陶器(とうき)
陶土(とうど)
陶然(とうぜん)

なかまのかんじ

阝のある漢字
勹のある漢字
午のある漢字  午2 許5
山のある漢字
缶のある漢字