書き順
なりたち
 会意 金文の字形は、至と人とを組み合わせた形(下図)。至は放った矢が到達した場所を示す。その矢の到達点に人が、「いたる・つく」の意味となる。また、到底(つまるところ、結局)・到頭(ついに、結局)のように、「ゆきとどく、きわまる」の意味に用いる。とう(下図)は、金文では「いたる」と「いたす」の意味があって、のち到と致の字になった。
そのほか
画 数 8画
部 首 りっとう
音読み とう・呉音
とう・漢音
訓読み いた-る(外)
つ-く(外)
用例 到達(とうたつ)
到来(とうらい)
周到(しゅうとう)

なかまのかんじ

武器に由来する漢字
厶のある漢字
土のある漢字
至のある漢字  室2 屋3 至6 刂のある漢字