書き順
なりたち
 形声 音符は果(か)。果は木の上に実(み)がなっている形。草かんむりの菓は、字形からいえば草の実であるが、菓子(かし)の意味に用いる。古くは菓子は、果物(くだもの)を加工したもので、たとえば砂糖漬(さとうづけ)けにして甘味を加えるなどして食べた。それで菓盤は、果物をのせる器にも、菓子を盛る器にも使う。
そのほか
画 数 11画
部 首 くさかんむり
音読み か・呉音
か・漢音
訓読み このみ(外)
かし(外)
用例 製菓(せいか)
茶菓(さか)
名菓(めいか)


なかまのかんじ

艹のある漢字
田のある漢字
苗のある漢字 
木のある漢字
果のある漢字  果4 課4 巣4