書き順
なりたち
 形声 音符は度(ど)。度は手で敷物の席(むしろ)をひろげる形で、席(むしろ)の長さをものさしとして長さをはかるの意味となる。また席(むしろ)をひろげて端から端まで敷き渡すので、わたす・わたるの意味となる。水をわたることを渡といい、のち、「わたる・わたす・わたし・すぎる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 12画
部 首 さんずい
音読み ど(外)・呉音
と・漢音
訓読み わた-る
わた-す
用例 渡河(とが)
渡海(とかい)
渡世(とせい)

なかまのかんじ

氵のある漢字
广のある漢字
廿のある漢字
又のある漢字
度のある漢字  度3