書き順
なりたち
 形声 音符は弱(じゃく)。弱に嫋(じょう)の音がある。弱はじゃく(弓に彡をつけた字)を並べた形。じゃく(弓に彡をつけた字)は飾りをつけた儀礼用の力の弱い弓である。搦(じゃく・ゆるくおさえる)・嫋(女性のしなやかさ)など、音が弱の字には、力が弱いという意味がある。溺は水に流されることをいい、「おぼれる、しずむ」の意味に用いる。また溺は尿に通じ溺器(じょうき)は便器をいう。
そのほか
画 数 13画
部 首 さんずい
音読み にゃく(外)、にょう(外)・呉音
じょう(外)、でき・漢音
訓読み おぼ-れる
しず-む(外)
用例 溺愛(できあい)
溺沈(できちん)
溺情(できじょう)

なかまのかんじ

さんずいのある漢字
弓のある漢字