書き順
なりたち
 形声 音符は啇(てき)。啇は帝と口(さいで神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)とを組み合わせた形で、帝を祭ることのできる身分のものを、啇といい、嫡のもとの字である。花の中で実になるところを、蔕(たい・へた)といい、その部分を手で摘(と)み取ることを摘という。「説文」に「果樹の實を拓(と)るなり」と見える。のちすべて、「つむ・とる・つまみとる・えらびとる・えらぶ」のように用い。また指摘(注意すべきことを指し示すこと)のように、「ゆびさす・しめす」の意味にも用いる。
そのほか
画 数 14画
部 首 てへん
音読み ちゃく(外)・呉音
てき・漢音
訓読み つ-む
と-る(外)
ゆびさす(外)
用例 摘花(てきか)
指摘(してき)
摘発(てきはつ)

なかまのかんじ

扌のある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
冂のある漢字
十のある漢字
口のある漢字
古のある漢字
てき のある漢字 適5 敵5