書き順
なりたち
 形声 音符は丁(てい)。「説文」に、「平議するなり」とあり、評論して議論を定めるの意味であるとする。丁は釘の頭の平面形で、釘の頭をたたいて安定させるという意味がある。訂正(文章などの誤りを正しく改めること)・改訂(書物の内容を部分的に改めること)・校訂(書物の文字・語句の誤りをたたせすこと)のように「ただす」の意味に用いる。
そのほか
画 数 9画
部 首 ごんべん
音読み じょう(外)、ちょう(外)・呉音
てい・漢音
訓読み はか-る(外)
ただ-す(外)
用例 更訂(こうてい)
再訂(さいてい)
修訂(しゅうてい)

なかまのかんじ

口のある漢字
言のある漢字
丁のある漢字