書き順
なりたち
 形声 音符は氐(てい)。ていにはとってのついた小さなナイフ(氏)で底部を削って平らにするの意味がある。「説文」に、「属國(ぞくこく)の舎(しゅ)なり」とあり、諸侯が都に参上したときに宿泊する、「屋敷・やしき」をいう。邸閣はもと食糧を貯蔵する官有の倉庫であったが、のち個人の商店や豪邸をいうようになった。
そのほか
画 数 8画
部 首 おおざと
音読み たい・呉音
てい・漢音
訓読み やしき
用例 邸宅(ていたく)
邸内(ていない)
私邸(してい)

なかまのかんじ

建物の漢字
氏のある漢字  紙2 氏4 低4 底4 民4
阝のある漢字