書き順
なりたち
 形声 音符は氐(てい)。氐には把手(とって)のついた小さなナイフ(氏)で底部を削って平らにするの意味がある。「説文」に「擠(お)すなり」、「広雅」に「推すなり」とあり、力を加えて他に「あたる・おしのける」の意味とする。また抵抗(外からの力に対し、はりあいさからうこと)のように、「こばむ・さからう」の意味に用いる。二つの物の程度がちょうど釣り合うということで、借金の保証にあたる財産や権利を抵当という。
そのほか
画 数 8画
部 首 てへん
音読み たい・呉音
てい・漢音
訓読み お-す
こば-む
あた-る
用例 抵罪(ていざい)
抵触(ていしょく)
大抵(たいてい)

なかまのかんじ

扌のある漢字
氏のある漢字  紙2 氏4 低4 底4 民4