書き順
なりたち
 象形 つめの形。鳥獣などの長い爪の形で「つめ」をいう。人の手足のつめの意味にも用いる。叉(さ)は人の手の指(又(ゆう)は指を伸ばしている右手の形)の間に爪のある形で、はさむことをいう。割り竹で編んだざるを笊(そう)といい、手の爪をひらいたような形のざるである。
そのほか
画 数 4画
部 首 つめ
音読み しょう(外)・呉音
そう(外)・漢音
訓読み つめ
用例 爪牙(そうが)
爪印(そういん)
指爪(しそう)

なかまのかんじ

人体の漢字
爪のある漢字