書き順
なりたち
 形声 音は平(へい)。平は手斧(ちょうな)で平らかに削る形。「説文」に、「地平らかなり」とあって、平らな土地をいうが、用例の少ない字である。わが国では「つぼ」とよみ、面積をあらわす単位に使う。六尺四方、約三・三平方めーとるである。建物が占めている土地の面積を坪数(つぼすう)で表したものを建坪(たてつぼ)という。
そのほか
画 数 8画
部 首 つちへん
音読み びょう(外)・呉音
へい(外)・漢音
訓読み つぼ
たいらか(外)
用例 荷坪(かへい)
寒坪(かんぺい)
湖坪(こへい)

なかまのかんじ

土のある漢字
平のある漢字  平3 評5