書き順
なりたち
 形声 音符は㐱(しん)。㐱に趁(ちん・おう)の音がある。甲骨文字には貝を包む形の象形の字があるが、のち形声の字なる。㐱は髪の毛のおおい人の形であるから、珍と意味の上での関係はない。「説文」に、「寶(たから)なり」とあり、宝とすべき玉(ぎょく)をいう。のてすべて「めずらしい」の意味に用いる。
そのほか
画 数 9画
部 首 たまへん
音読み ちん・呉音
ちん・漢音
訓読み めずら-しい
用例 珍異(ちんい)
珍花(ちんか)
珍客(ちんきゃく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
めずらしい 珍事・珍品・珍味・珍重
だいじな 珍重・珍蔵・珍事
かわっている 珍奇・珍説・珍妙
なかまのかんじ

玉 王のある漢字
𠆢のある漢字
彡のある漢字
㐱のある漢字