書き順
なりたち
 形声 音は冘(いん)。冘に枕(ちん・まくら)・鴆(ちん・毒鳥)の音がある。甲骨文字は水の中に牛や羊をかいた象形の字。洪水などのとき牛や羊を犠牲(いけにえ)にして川に沈めて祭るという意味である。犠牲をしずめるの意味からすべて、「しずめる・しずむ」の意味となり、「うもれる・かくれる・ひそむ・しずか・おちつく・ふける」などの意味に用いる。犠牲を用いる方法には、犠牲を川に沈める沈のほかに、地中に埋めて地霊を祭る薶(ばい・うずめる)があり、あわせて沈薶(ちんばい)という。
そのほか
画 数 7画
部 首 さんずい
音読み しん(外)、じん(外)・呉音
しん(外)、ちん・漢音
訓読み しず-む
しず-める
かく-れる(外)
用例 沈着(ちんちゃく)
沈痛(ちんつう)
消沈(しょうちん)

なかまのかんじ

氵のある漢字
冖のある漢字