書き順
なりたち
 形声 音符は朝(ちょう)。「玉篇」に「言もて相(あ)い調するなり」とある。嘲は調・啁(ちょう周)と通じ、「あざける・からかう」の意味である。
そのほか
画 数 15画
部 首 くちへん
音読み ちょう・呉音
とう(外)・漢音
訓読み あざけ-る
用例 嘲笑(ちょうしょう)
嘲戯(ちょうぎ)
自嘲(じちょう)

なかまのかんじ

口のある漢字
十のある漢字
日のある漢字
早のある漢字
月のある漢字
朝のある漢字  朝2 潮6