書き順
なりたち
 形声 音符は兆(ちょう)。兆は卜兆(ぼくちょう)の形で、亀の甲をやけてできたひび割れは形のそろわないものである。「説文」に「目、正しからざるなり」とあって、目のまばたきをするという意味である。また、あらぬ方を眺めるの意味もある。のち遠くを眺め望むこと、「ながめる」の意味となり、眺矚(ちょうしょく)。眺望(眺め見ること。遠くを見渡すこと)のようにいう。国語では、「ながめ」はぼんやりと見やるというほどの意味である。
そのほか
画 数 11画
部 首 めへん
音読み ちょう・呉音
ちょう・漢音
訓読み なが-める
用例 眺望(ちょうぼう)
眺臨(ちょうりん)
一眺(いっちょう)

なかまのかんじ

目のある漢字
儿のある漢字
兆のある漢字  兆4