書き順
なりたち
 会意 豕(し)と辵(ちゃく)とを組み合わせた形。豕は豚。しんにょう辵(ちゃく・辶、辶)は歩く、走るの意味。豚を追うことを逐といい、すべて、「おう」の意味となり、追うことから、「あらそう、はしる」の意味に用いる。軍を派遣して敵を追撃することを追という。逐の甲骨文の字形は犬と之(し・足跡のかたちで、行くの意味)、金文の字形は犬と辵とを組み合わせた形が多く、犬を追うの意味となる。古い字形のほうが「おう」という意味にふさわしい。後に犬を誤って豕にしたのであろう。
そのほか
画 数 10画
部 首 しんにょう
音読み じく(外)・呉音
ちく・漢音
訓読み お-う(外)
あらそ-う(外)
はし-る(外)
用例 逐次(ちくじ)
逐電(ちくでん)
逐日(ちくじつ)

なかまのかんじ

豕のある漢字
辶のある漢字