書き順
なりたち
 会意 耳と心とを組み合わせた形。心に恥じることがあると、まず耳が赤くなり、はじらいが耳にあらわれるものであるから恥は、「はじる・はじ」の意味となる。耻(ち)に作ることがあるのは、心の字形を止と誤ったもので、俗字である。
そのほか
画 数 10画
部 首 こころ
音読み ち・呉音
ち・漢音
訓読み は-じる
はじ
は-じらう
は-ずかしい
用例 恥辱(ちじょく)
羞恥(しゅうち)
無恥(むち)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
耳のある漢字
心のある漢字