書き順
なりたち
 形声 音符は耑(たん)。耑は頭髪をなびかせている巫祝(ふしゅく・神に仕える人)の形。而(じ)は頭髪を切って髷(まげ)のない巫祝を正面から見た形。立は一定の位置に立つ人の形で位置を示す。端は定められた位置に端然(礼儀正しく)と坐(すわ)る巫祝の形で、「ただしくすわる・ただしい・ただす」の意味となる。殷(いん)代の婦好墓から出土した器物の配列を考えると儀場における巫祝の位置は上位の左端に位置している。それで端は、「はし・はた」の意味となり、そこから数え始めるので、「はじめ・いとぐち」の意味となる。国語では、「は」と読み、端数(はすう・はんばな数)・半端(はんば・全部そろっていないこと。完全な状態でないこと。また、どちらともつかないこと。中途半端)という。
そのほか
画 数 14画
部 首 たつへん
音読み たん・呉音
たん・漢音
訓読み はし

はた
用例 端正(たんせい)
末端(まったん)
発端(ほったん)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
中国古代の儀式に由来する漢字
亠のある漢字
立のある漢字
山のある漢字
而のある漢字