書き順
なりたち
 形声 音符は炎(えん)。炎に啖(たん・くらう)・痰(たん・たん)の音がある。「説文」に、「薄(うす)き味なり」とあり、味の濃淡をいうのがもとの意味である。味の、「うすい」の意味から、色や状態についてすべて、「あわい、うすい、あっさり、さっぱり」の意味に用いる。澹(たん)と通用するが、澹には水がゆれ動く、動く、静かの意味がある。
そのほか
画 数 11画
部 首 さんずい
音読み だん・呉音
たん・漢音
訓読み あわ-い
うす-い(外)
用例 淡交(たんこう)
淡彩(たんさい)
枯淡(こたん)

なかまのかんじ

氵のある漢字
火のある漢字
炎のある漢字  談3