書き順
なりたち
 形声 音符は蜀(しょく)。蜀に钃(だく・ふりがね)・斀(たく・うつ)の音がある。「説文」に、川の名とし、「玉篇」も川の名とし、「又(また)清からざらなり」とする。水が「にごる」の意味から、すべて、「にごる・けがれる・みだれる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 16画
部 首 さんずい
音読み だく・呉音
たく(外)・漢音
ちょく(外)・漢音
訓読み にご-る
にご-す
用例 濁色(だくしょく)
濁声(だくせい)
濁度(だくど)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
にごる。にごす 濁流・濁酒・混濁・白濁
みだれる 濁世・汚濁・五濁・劫濁
音がにごる 濁音・本濁・連濁・濁点
なかまのかんじ

氵のある漢字
罒のある漢字
勹のある漢字
口のある漢字
虫のある漢字