書き順
なりたち
 形声 もとの字は滯。音符は帶(たい・帯)。帯は帯に巾(きん・儀礼用の前掛け)をかけている形。「説文」に、「凝(とどこほ)るなり」とあり、途中でつかえて先に進まないことをいう。帯をしめたように、水が一か所に停滞することを滞といい、のちすべて、「とどこおる・とどまる」の意味に用いる。
そのほか
画 数 13画
部 首 さんずい
音読み だい(外)・呉音
てい(外)・漢音
たい・慣用音
訓読み とどこおる
とどまる(外)
用例 滞在(たいざい)
滞納(たいのう)
停滞(ていたい)

なかまのかんじ

氵のある漢字
丗のある漢字  帯4
冖のある漢字
巾のある漢字