書き順
なりたち
 形声 音符は台(たい)。台は厶(し・耜(すき)の形)に さい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)をそえ、耜を祓(はら)い清めて豊作を神に祈る儀式をいう。人の出生(しゅっせい)は作物の生産と対応するものと考えられ、受胎(みごもること。妊娠)を祈るときも、(さい)を供えむ(耜)を祓い清めて祈った。それで台に月(にくづき・肉)を加えた胎は、「はらむ・みごもる」の意味となる。女子がむ(耜)とさいをもって出産するの無事を祈ることを始という。「詩経、芣苢(ふい)」は子求めのために芣苢(おおばこ)を摘む草摘みの歌であるが、芣苢には胚胎(はいたい・はらむこと)の音が含まれているのである。
そのほか
画 数 9画
部 首 にくづき
音読み たい・呉音
たい・漢音
訓読み はら-む(外)
用例 胎教(たいきょう)
胎児(たいじ)
母胎(ぼたい)

なかまのかんじ

道具に由来する漢字
月のある漢字
厶のある漢字
口のある漢字
台のある漢字 
台2 始3 治4