書き順
なりたち
 会意 而(じ)と寸とを組み合わせた形。而は頭髪を切って髷(まげ)のない人を正面から見た形で、雨乞いをする巫祝(ふしゅく・神に仕える人)の姿。雨を需(もと)め、需(ま)つことを需(じゅ・もとめる、まつ)という。巫祝に手(寸)を加えて巫祝を使役(しえき)する形が耐で、よく「たえる」ことをいう。「説文」に耐の正字を耏(じ)とし、「耏は罪あるも?(こん・髪切りの刑)に至らざるものなり」とあり、髪切りの刑罰の軽い者を耏というとする。耐と耏は別の意味の字として用いられる。
そのほか
画 数 9画
部 首 しこうして
音読み ない(外)、のう(外)・呉音
だい(外)、どう(外)・漢音
たい・慣用音
訓読み た-える
用例 耐火(たいか)
耐久(たいきゅう)
耐震(たいしん)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
而のある漢字 
寸のある漢字