書き順
なりたち
 形声 もとの字は憜(だ)に作り、音符は隋(だ)。隋は𨸏(ふ・阝。もとの形で、神が天に陟(のぼ)り降りするときに使う神の梯(はしご)の形)と左(呪具(じゅぐ)の工を手に持つ形)と月(肉の形)とを組み合わせた形。隋(ずい)ではなく、隋(だ)の音で読むときは、神の梯の前に盛って供えられた祭肉の意味となる。土は土王の形で、土地の神であるから、隋(だ・堕)は神に供えられた祭肉が崩れ落ちるの意味となり、その崩れるような心を憜(惰)といい、「おこたる・なまける」の意味となる。
そのほか
画 数 12画
部 首 りっしんべん
音読み だ・呉音
た(外)・漢音
訓読み おこた-る(外)
用例 惰性(だせい)
惰力(だりょく)
怠惰(たいだ)

なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
忄のある漢字
ナのある漢字
工のある漢字
左のある漢字
月のある漢字