書き順
なりたち
 形声 音符は垂(すい)。垂は枝端の華が垂れて地に達する形で、落ちるの意味がある。唾は「説文」に「口液なり」とあり、唾液をいう。唾棄(さげすむこと)は、つばをはくときの音を写したものであろう。「つば・つばはく」の意味にとなる。
そのほか
画 数 11画
部 首 くちへん
音読み た(外)・呉音
た(外)・漢音
だ・慣用音
訓読み つば
用例 唾液(だえき)
唾棄(だき)
唾壺(だこ)

なかまのかんじ

口のある漢字
垂のある漢字  垂6 郵6