書き順
なりたち
 形声 音符は太(たい)。「説文」に、汏(た)を録し「よなげる(米を洗いとぐ)」の意味としている。汰にも同じ意味がある。また、太(たい・おおきい、はなはだ)と通じて「おごる」の意味にも用い、身分不相応なおごりを汰侈(たし)という。沙汰というのは、砂金を採るときに砂をゆすって選びわけることをいい、国語では、たより、裁判などをいう。水で洗い分けることを淘汰(とうた)・洮汰(とうた)といい、悪いものを除いて、良いものを残すことをいう。
そのほか
画 数 7画
部 首 さんずい
音読み たい(外)・呉音
たい(外)・漢音
た・慣用音
訓読み おご-る(外)
にご-る(外)
よな-げる(外)
用例 沙汰(さた)
淘汰(とうた)
汰侈(たし)

なかまのかんじ

氵のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
太のある漢字  太2