書き順
なりたち
 形声 音符は足(そく)。「説文」に「迫(せま)るなり」とあり、人の背後に迫るの意味であり、行為を「うながす・せきたてる」の意味に用いる。促促(あわただしい様子)のようにも用いる。
そのほか
画 数 9画
部 首 にんべん
音読み そく・呉音
しょく(外)・漢音
訓読み うなが-す
せま-る(外)
用例 促成(そくせい)
促進(そくしん)
促音(そくおん)

なかまのかんじ

イのある漢字
口のある漢字
足のある漢字